大学の受験の中でも難関とされるのが医学部です。医師を志望する場合、早くからその意思を決定し、医学部受験対策を目標に基礎力をしっかりつけ、その上で応用力を磨いていき、真の実力を身に着けることが重要です。大学側は医学部受験に対し、大学の理念や学生像などを色濃く表した入試問題、つまりアドミッションポリシーに沿った入信問題を作ります。そのため、受験される方は志望する大学のアドミッションポリシーをしっかり頭に入れたうえで受験に挑むことが必須となります。

ご両親のいずれかが医師で開業医であれば、幼いころから医師となる事を義務付けられることもあるでしょう。また医師という職業に強く憧れを持ち、いつか医師となって医療分野で活躍したいと医学部を志望される方もいるでしょう。人の命を預かるという重責を負う医師という特定業種を選択したのなら、日々の学習も、時間をかけて基礎からじっくりと身に着けていくことが、受験対策の第一歩となります。

意志を固め、強い決心

国内大学の最高峰、東大を受験される方は、センター試験において9割がボーダーラインとなるといわれています。医学部を受験される方についても、センター試験で9割がボーダーラインとされていますので基礎学力の重要性がわかります。センター試験の対策を練るためには、基礎学力の向上が必須であり、さらに大学の個別試験においても、質の高い学習能力が求められます。

医学部受験は早くからその意志を固め、強い決心の元、計画的に学習していくことが最高の対応策となります。

Comments closed.