医学部受験の面接

大学によってはセンター試験と大学の個別試験で試験終了という事もありますが、医学部の場合、面接を行うという大学が多い事も知っておきたい事実です。なぜ医学部の受験に面接を行う大学が多いのかというと、医療分野の仕事に携わる人材となるからです。医療分野では、時に人の生死にかかわる事もあります。将来医師になるべく人は、高い人間性を持っていることも重要な要素です。そのため、医学部の受験では個別試験後に面接を行うところが多いのです。

面接では志望理由に加えて、大学や学部のアドミッションポリシーに関して意見を求められたり、新聞や書籍に掲載された事項についての言葉を求められることがあります。それを知らずに面接する人と、それを知って面接するのでは、対応に大きな差が出ることはお判りでしょう。

志望についてはどうして医学部を目指したのか、医師になるためになぜこの大学を選んだのか、といったことが聞かれます。自分がなぜ意思を目指しこの大学を志望したのかという理由を、誇張することなく自分の言葉で文章にまとめ、それを何度も繰り返し読んでおくと面接の際役立つでしょう。誇張した文章は自分の心からの文章とならないため、面接官から質問などを受けたとき答えられないこともあります。自分の心に正直に、自分の言葉で志望理由を率直に伝えましょう。