親にも難関?

一般的に国公立に行く方が親孝行といわれます。国公立と私立大学を比較すると、学費の目では格差があり、やはり国公立が安くなります。公立、私立の費用の違いでも、その違いが顕著に出るのが医学部です。親にとって費用という面を見れば国公立よりも私立大学の方が難関!といえます。

国立大学の医学部に入学し、大学院まで6年間在学し卒業するとかかる費用は約350万円ほどです。私立の医学部に入学し同じように6年間在学し卒業した場合はどうなのか?というと、有名私立大学では安くて3000万円!くらい、高いと5000万かかるという大学すらあります。私立大学医学部平均は750万円くらいですが、それでも、国公立大の2倍以上です。有名私立大学医学部と国公立を比較すると、国公立が350万円程度なので、安い方と比較しても10倍近い違いがあるという事がわかります。

医学部を受験する事はとても難しい、これは保護者にとっても同じで、できれば子供が志望する大学に行かせてあげたいという気持ちを持っているはずです。でも、この学費の格差を見ると、子供がどこを志望するかによって保護者も大きな決心が必要となります。プレッシャーをかけるわけではありませんが、その覚悟を決めている保護者の方の後ろ盾があるということも、しっかり心にとめて勉強に励んでほしいものです。