私立・公立の受験

国公立ではセンター試験で5教科7科目の試験を受けて高得点を出すことが必須、大学独自の個別試験でも応用力を問われる難題を出来る限り高い得点で切り抜け、面接や小論文に挑む必要があります。私立でもセンター試験を利用するところがありますが、一般的に3教科主流といわれている現代です。国公立の方が勉強を幅広く行う事が重要となり、受験は大変だといわれます。

偏差値で比較すると到底国公立の有名大学は無理と考える事もありますが、志望をどこにするのかは、将来の自分を考えて選択しなければなりません。自分の偏差値を見てこの大学の医学部なら合格圏内と考える学生さんもいますが、そうではなく、まず大学の試験傾向を知り、受験科目の不得意をなくしレベルを上げる事を一番に考えなくてはなりません。1点でも多く!隙なく受験に挑む姿勢がなくては医学部受験戦争に勝てないのです。

国公立は科目数が多く、しかも偏差値が高いという特徴があるので、基礎学力をしっかりつけ、早い段階から志望校を絞って勉強していくことが大切です。得意分野に絞って受験できる私立大学とは違い、万遍なく不得意科目も得意科目も点数を取ることが重要となってきますので、学習方法も効率よく行えるように集中力をもって頑張っていきましょう。